書道専門課程・本科

1年次

書道の基礎をじっくり学ぶ
1年では書道の基礎をじっくりと学びます。有名な作品をお手本にしながら筆の使い方を身につけていきます。書道には幾通りもの書き方、筆順があります。みなさんの学んできた漢字や仮名とはちょっと違った世界に驚くかもしれません。

時間割

 
1
9:00~
10:30
千字文楷書
文 字 学
日本文学概論
○中国語
和漢朗詠集・原寸
左繍叙・李嶠詩
高野切第一種
2
10:40~
12:10
碑法帖解義
書道概論
中国書道史
龍門造像記
和漢朗詠集・実用
雁塔聖教序
和漢朗詠集
3
13:00~
14:30
皇甫誕碑
千字文実用
和漢朗詠集・拡大
硬  筆
千字文・実用
千字文・楷書
高野切三種
蘭亭序
4
14:40~
16:10
   
○デッサン
   

※平成26年度  上段:前期 下段:後期  ○:選択科目
※一部変更することがあります。

授業内容


○実習
漢字実習

書道史上に数多く残っている名蹟のうち中国の晋時代から初唐までの楷書を中心に、基礎的な用筆法を学びます。初心者でも無理なく学べるよう、1年次はじっくり基礎力を養っていきます。

仮名実習

日本独得の文化である仮名。
平安朝の古筆名品を通して書法を理解していきます。

実用書道

日常の生活でよく使われるハガキ・封筒の宛名、のし紙、名札などの実用細字を学び、実社会のニーズに即応できる技術を身につけていきます。
千字文・実用、和漢朗詠集・実用、硬筆

 

○講義

文字の起こりから書の歴史、文学、デザインなど、書を学ぶ上で大切な基礎知識を身につけます。

碑法帖解義

中国・日本の書道史と関連を図り、おもな碑・法帖について学習し理解していきます。

文字学

漢字の起原、書体の変遷、漢字と漢語、漢字の構造など、文字の基礎知識を学びます。

書道概論

書道用具(文房四宝)や書の表現方法、鑑賞の仕方、執筆法・運筆法など技法と理論を概要的に身につけ、書の鑑賞水準を高めます。

中国書道史

殷時代から清時代まで、時代別に歴史上作品の特色を学習し、理解していきます。

日本文学概論

万葉集や古今和歌集、代表的な随筆を学び、和歌の意味やその時代背景などを理解していきます。

デッサン

鉛筆デッサンを通じて物の見方とバランス感覚を養い、画面構成や黒の濃淡による表現力を身につけます。

中国語

中国語の挨拶、日常会話を中心に学び、基礎的な中国語が話せるようになることを目指します。

進級制作

児玉 泉  本科2年生
 
私は、この学校へ入学して初めて貫名菘翁の「左繍叙」を目にしました。
授業での臨書が楽しく進級制作に選びました。菘翁の独得な筆遣いを頭に
入れ、リズムよく書き進んでいくことがとても難しく、先生方からたくさ
んアドバイスを頂きながら繰り返し練習しました。大変だったけれど、集
中して一つの臨書を作品として仕上げたことは達成感もあり、自分にとっ
てとても良い経験となりました。

Copyright©2011 Nippon Syodoh School.