教育理念・沿革

教育理念

日本書道専門学校は、
伝統書道に法と格を求め、
新しい書道を指向するとともに
豊かな人間性をもち、
社会で活躍できる能力と可能性をもつ
すぐれた“書道人”を養成します。

沿革

1966年10月
学校法人による各種学校(文部省令第31号昭31.2.5)として渋谷区千駄ヶ谷の日本デザインスクール会館に開校。夜間部21名。手島右卿校長就任
1968年4月
品川区上大崎に校舎を移転
1969年4月
昼間部を設置
1970年3月
第1回日本書道専門学校展(現在の学校展)渋谷東急プラザで開催
1971年9月
同窓会「千秋会」発足
1972年6月
学校法人の認可をうける。堀喬 理事長に就任
1976年3月
目黒区目黒に新校舎完成・移転
1976年6月
専修学校設置基準(昭51文部省令第2号)で書道専門課程の認可を受ける
1980年5月
第1回日本書道専門学校中国研修旅行団訪中
1982年1月
手島右卿校長「文化功労者」顕彰
1984年1月
3号館完成(鉄筋4階建て)
1984年3月
堀桂琴教授「芸術選奨文部大臣賞」受賞
1987年1月
創立20周年記念誌発行
1987年4月
堀桂琴校長に就任
1990年4月
上松一条校長に就任
1995年1月
専門士称号付与指定校となる
1997年4月
堀浩理事長に就任
1998年6月
大学入学資格付与指定校となる
2000年10月
上松一条校長「目黒区区政功労者」受賞
2005年4月
髙橋照弘校長に就任
2006年10月
創立40周年
堀浩理事長「東京都功労者(教育功労)」受賞
2008年3月
髙橋照弘校長「第3回手島右卿賞」受賞
2009年1月
品川区上大崎に新校舎完成・移転
2011年10月
創立45周年

Copyright©2011 Nippon Syodoh School.